知らないと大切な人を失うかも!?|心の報酬交換6つ

どーも、心の分野が好きなこころです。

皆さんは永遠の愛ってあると思いますか?

私はあると信じたいです(*´ω`*)

ですが、一度信頼関係で結ばれたからといって、人間の気持ちは永遠ではありません。

劇的な出会いから熱烈に愛し合ったカップルもあっさり離婚してしまうその陰では、次のような心理が働いています。

.

人間には、無意識のうちに交換を求め、自分が望む交換条件を満たす人に心惹かれる傾向があります。心理学ではこの交換を心理的報酬と呼んでおり、主なものとして愛情サービス物品金銭情報地位などがあるとされています。これらの心理的報酬が一切ない場合、愛情や信頼が枯れ果てるのは時間の問題かもしれません。

.

それではこの6つのうち、いずれかを与えていれば大丈夫かというと、そういうわけでもありません。心理的報酬に対する意向は人それぞれによって違うので、関係を長引かせたいのであれば、相手が何を望んでいるかを読み、応え続けていくことが大切なのです。つまり相手が、愛情サービスを望むなら、金銭地位で応えても効果は薄いのです。家事を分担してほしいというサービスの要求に対し、部長に昇進したという地位て応えても、はぁ…?となってしまいますよね(;´∀`)

.

永遠だったはずの愛が壊れるのはなんででしょうか。

上記のようなケースで意向がすれ違い、望んでいる心理的報酬が得られない、「与えるだけ」の状態が続いていくと、お互いの気持ちはいつか枯れ果ててしまいます。そうならないためには一体何をすればいいのか?

相手が望む、正確な心理的報酬を見極めるためには、とにかくコミュニケーションをとってヒントを得ていくしかないと思います。また、一度わかったからといって、それが不変である確証はありません。マメな確認が必要かと思います。なぜなら心の分野に正解はないからです。成長もすれば弱ることもあり、刺激を受けて心変わりするといった変化が生じるからです。

自分達だけは大丈夫、そんな甘えが命とりになる可能性もあります。

今手にしている幸せを失うことに比べれば、これくらいの手間暇はどうってことないですよね(*´ω`*)

.

.

まとめ

人の気持ちだから仕方ありませんが、永遠の愛って難しいですね。

片方だけが相手の要求に応え続けていても、依存する関係になってしまいますし、いつか疲れ果ててしまいます。

お互いがお互いを想いあえる、そんな関係でありたいですね(*´ω`*)

それでは今回はこの辺で!