私はうつ?うつ病の初期症状10個

どーも、うつ病経験のあるこころです。

今回はうつ病の初期症状について書いていきます。

当てはまる人が多かったら、無理をせずに通院することも検討してみてくださいね。

 

「最近、よく眠れない…」

だれでも、ストレスを抱えて眠れないことはあります。

問題が解決すれば特に気に病むことはないのですが、人によっては完全にうつ傾向の人もいます。

ではうつ病の初期症状とはどのようなものなのでしょうか?

うつ病の初期症状を10個まとめてみました。

 

 

1:睡眠障害。よく眠れない、早く目が覚める。また二度寝をしたら起きられないという症状。

2:日中起きている時間であっても、我慢ができずにうたたねをしてしまう。

3:妙に現実的な夢をみてしまった時、現実と夢が混同してしまうことがある。

4:食欲がなくて、がんと疑われるほど、ガクンと痩せてしまう。

5:動悸がしたり微熱がある。風邪をひいたわけでもないのに、体調が悪い。

6:歯を磨こうとすると吐きそうになる症状がおこる。これは喉のおくのほうに歯ぶらしが当たったわけでもないのに、吐き気を覚えるということ。

7:頭が締め付けられるような痛みや、首や肩が凝る。
日ごろ疲れなどを感じる人も、その疲れや痛みが休んでもとれない。

8:首だけでなく目や耳、口が痛い。あるいは手足や腰など、色々なところが痛くて苦しい。

9:だるくてめまいがして、へんな汗がでることがある。

10:性欲が減退して、生理不順もある状態。

 

 

このようなことがうつ病の初期症状といわれています。

どれも思い当たるという人もいると思います。このような症状の根本は自律神経の乱れによっておこることがあります。深刻なうつ病になっていなくても、このような症状を感じることがあるという人は、初期のうつ病になっているかもしれません。

もし自分が不眠で悩んでいるとか、今まで活動的だったのに無気力になってしまったとか、友人によく眠れないという人がいたら、それはうつ病の初期症状かもしれません、無理をせず、通院することも検討してみましょう。

 

 

まとめ

私もうつ病の経験がありますが、当時のことを思い返すと、全部ではないですが結構当てはまっています。

私としては、うつ病は決して甘えや贅沢病などではないと思います。

うつ傾向の人はあまり無理をしないで下さいね、ご自身のことも大切にしてください。

それでは今回はこの辺で。







シェアする