自律神経の鍛え方

どーも、心の分野が好きなこころです。

今回は、心身に様々な不調をもたらす可能性のある自律神経について書いていきます。

自律神経は、呼吸器や消化器、循環器など私たちの体に欠かせない働きを調整するのに不可欠なものであり、休むことなく働き続けている神経です。

主に日中に活発になる交感神経と、夜間に活発となる副交感神経のふたつがありますが、これらのバランスが崩れてしまうと、体に様々な不調をもたらすようになります。

自律神経の働きを乱す原因としてまず挙げられるのは、ストレスです。

仕事の疲れ、人間関係のストレスなど、精神的もしくは身体的ストレスが過剰になることで自律神経のバランスが乱れてしまうことがあります。また、不規則な生活も良くありません。不規則な食生活や睡眠の乱れを続けてしまうことで、自律神経の乱れに繋がることがあります。そして、このような状態が続いてしまうと、メニエール病や自律神経失調症、神経性胃炎や過敏性腸症候群、過呼吸症候群などといった疾患に繋がる恐れもあるため、注意が必要です。

そこで、こういった症状を予防するためにも、自律神経を鍛えることが大切となります。ここでは、その方法について紹介します。

1、適度な運動をすること

ストレス解消や精神的な充足感を得るためにも、適度な運動を行うことは効果的です。定期的な運動は生活のリズムを整えるのにも効果を発揮することから、自律神経のバランスを整え、様々な症状を予防するのにも役立ちます。ウォーキングなど日常に取り入れやすい簡単なもので問題ありません。運動習慣を身につけるようにすると良いでしょう。

2、朝日を浴びること

生活習慣の乱れを正すのに、朝日を浴びることは効果的とされています。狂ってしまった体内時計を修正することができるためです。朝日を肌に感じることで体温や血圧が上昇するため、体が活発になり活動モードに切り替えることができます。また、朝日を浴びてからおよそ14時間後くらいに眠気が来るような体のリズムになっているため、規則正しい生活を送るのに効果的です。

3、腹式呼吸を心がけること

腹式呼吸によって、自律神経をコントロールすることができます。一般的に、息を吸うことは動く神経である交感神経の働きであり、息を吐くことは休む神経である副交感神経の働きとなります。そのため、呼吸を整えることで意識的にリラックスすることができるのです。全身の力を抜くようにしながら腹式呼吸を繰り返すことでリラックス状態を作り出し、自律神経を整えるようにしてみると良いでしょう。

他にも、自律神経は汗かきと密接に関係があることが分かっています。

汗をかくというのは緊張や不安、ストレスといった刺激を受けて交感神経が働くことによって起こっています。なので通常であれば副交感神経が働きリラックスモードに突入することが出来れば汗も治まるのですが、いったんバランスが乱れてしまうと交感神経ばかりが活発になってしまいます。

暑いわけではないのに汗が尋常ではないくらいでてきたり、緊張すると汗が大量で出てしまったりすると、自分でコントロールすることはできません。また、汗をかいたらどうしようと考えること自体がストレスになり緊張につながり、ますます汗かきに拍車をかけてしまいます。

自律神経の乱れによる汗かきを改善するには、まず生活習慣を見直してストレスを解消することが重要になります。

タウリンや大豆イソフラボンといった栄養素が、自律神経の乱れを整える効果があるため、食生活の中に取り入れることもお勧めです。

食生活や生活習慣の改善と並行して医療機関に相談すると、ビタミンやホルモン剤、漢方や精神安定剤や直接神経に働きかてて安定促す薬などが処方されたりします。

またあまりにひどい症状である場合には手術を行うことも、症状改善の一つの方法です。

ただ、汗かきと一言で言っても全てが自律神経の乱れによって起こっているとは限りません。もしかすると大きな病気の一つの症状である可能性もあります。特に自律神経は他の身体の部位にも大きく関わっています。
なので自分の中で決めつけずに医療機関を受診して、適切な治療を行うこともとても大切なことです。

まとめ

私も過敏性腸症候群のような自律神経が影響する病気になったことがあります。日常生活でストレスを0にすることは難しいので、やはり自律神経の乱れを正すこと、鍛えることが重要であると思います。

自律神経について詳しい人もそうでない人も、是非参考にしてみてくださいね(*´ω`*)

それでは今回はこの辺で。