リラクゼーション法|腹式呼吸

どーも、心の分野が好きなこころです。

今回はリラクゼーション法の一つとして、腹式呼吸をご紹介します。

腹式呼吸は、ボイストレーニングやヨガ等でも取り入れられているので、聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

この腹式呼吸はリラックスする上でも効果がありますので、是非覚えていって下さいね。

まず、私たち人間の呼吸は、胸式呼吸腹式呼吸に分けられます。

胸式呼吸では、胸の筋肉(肋間筋)が収縮します。

腹式呼吸では、横隔膜が収縮します。

息を吸うと、胸式呼吸では胸が膨らみ、腹式呼吸ではお腹が膨らむので、自分でどちらの呼吸をしているのか見分けることができます。

大切なのは腹式呼吸で、赤ちゃんは自然に腹式呼吸を行っているそうですが、大人は胸式呼吸に偏っていて腹式呼吸ができなくなっている人がいます。

ヨガや歌唱、スポーツ等、多くの分野で腹式呼吸の大切さが説かれています。

この腹式呼吸を毎日10~15分程度集中して行うだけでも、十分なリラックス効果が得られるので、是非活用してみて下さいね。

腹式呼吸の練習の仕方

●リラックスできる姿勢をとる

●背筋を伸ばして、胸ではなくお腹が膨らむように、鼻から息を吸う

●少しだけ息を止め、肺が空っぽになるまで、口からゆっくり息をはく

以上です、とても簡単ですね(*´ω`*)

さらに応用編として、イメージを利用すると効果がアップします。

イメージを取り入れた腹式呼吸

●息を吸うときに、自然のエネルギー(キレイな空気など心地よいもの)をイメージし、鼻から肺と入り、おなかにたまる様子をイメージ

●少しだけ息を止め、ゆっくりはきながら(一緒に不安などのマイナス要因もはきだしましょう)、自然のエネルギーが全身にわたる様子をイメージする

腹式呼吸に慣れてきたら、イメージも取り入れてやってみましょう(*´ω`*)

まとめ

リラクゼーション法の一つとして腹式呼吸をご紹介しました。

私たちは悩み事が続いたりストレスや疲労がたまったりすると、知らず知らずのうちに呼吸が浅くなったりしがちです。私も、緊張している時にふと呼吸が浅くなっていることに気づくことがあります。そんな時は、腹式呼吸でもいいし、深呼吸でもいいからしてみましょう(*´ω`*)

それでは今回はこの辺で!